転職で新しい世界へ飛び立とう!

ビジネス

人生の転機でもある転職。今務めている人も、一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

今回はその転職についてどんなことを考えるべきなのかをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

辞めたい!でも一旦冷静に考えよう

転職したいと考えたら、自分がなぜ転職をするのかを冷静に考えることが大切です。

人間関係による悩みはどこにいっても発生するので、ただ逃げ出しても根本的な解決にはつながりません。

逆に、もっと休日が欲しい等の具体的な条件を求めているケースでは、転職することでより満足できる生活になります。

転職でまず注意するべき点は、転職する理由です。

自分が転職する理由はそのまま志望動機になるので、仕事がない日にゆっくりと考えをまとめましょう。 自分にとっての優先順位をリストアップすると、現在の仕事への本当の不満や、転職に何を期待するのかを整理できます。

新卒で採用された会社では、最初の3年間をどう働くのかがポイントです。 これまでは何があっても3年間は我慢するべきという考え方が主流でしたが、最新の転職事情では第二新卒として早く別の会社に移ることも選択肢になっています。

終身雇用と年功序列がなくなった現在では、無理をしてまで新卒で入った会社にしがみつくメリットが激減しました。 再出発してキャリアを築き直すのならば、むしろ早い方が良いのです。

勤続年数に応じて給料が上がるのならともかく、いつまでも安月給で、10年前に入った先輩からも良い話が効けない場合は、真剣に転職を検討しなければいけません。

残業だらけで休日も限られているケースでは、ダラダラと働き続けることで心身に重大な影響が出てしまいます。 勤務先では常識となっていることが外部では非常識というパターンもあるので、家族や友人から指摘された時には他の働き方と比較してみましょう。

自分の世界以外も知ることが、自分の人生をより豊かにするキーとなります。

スポンサーリンク

転職活動には時間が必要 

転職活動は、企業が中途採用に意欲的になる春と秋に行うのがコツです。

人事異動によって必要な人員が確定しているので、他のシーズンに比べて早く結果が出ます。

求人数としても豊富で、このタイミングに間に合うように準備をするのが基本です。

仕事に対する意識の自己分析を徹底的に行うために、転職サイトなどの適職判断といったテストを受けることで精度を高められます。

自分だけでは気づきにくい部分も指摘してくれるから、後悔のない転職活動を行うことが可能です。

準備期間は実際の転職活動より長くなるパターンが多いので、まず自己分析を行い、その結果からゆっくり考えましょう。

転職時には履歴書と職務経歴書の2点を出すため、その作成についても学ぶ必要があります。 自己分析が完了したら、転職活動で達成したい目標を決める段階です。 最優先の目標を達成する反面、その他の項目については妥協します。 何かを獲得すれば、代償として多少の犠牲があることを覚えておきましょう。

時間がかかるので、原則的に今の会社に在籍したままの転職活動です。 勤務先に知られないように、仲が良い同僚にも秘密にしておくのが鉄則となります。 納得できない場合はいったん転職活動を延期するので、その間の生活費を稼ぐためでもあります。

短期間では1ヶ月ぐらいで終わりますが、長引くと半年から1年間です。 引継ぎによって円満に辞める意味でも、余裕を持たせたスケジュールで行動しましょう。

「辞めるからいいや」という気持ちでは、新たな会社でも上手くいくことは難しいでしょう。

スポンサーリンク

転職先の業種をどうするか?

自分のスキルを活かす点では、同業種で転職活動をするのが効果的です。 同じ業界にいることから調べやすく、仕事の流れが似ていることから異業種より安心して働けます。

しかし、同業種では実態としてほぼ同じで、わざわざ転職をしたのに条件が悪くなっただけという結果が珍しくありません。

同業種における転職活動は、求人の雇用条件のみならず、社風のチェックのために実際に働いている人の意見も聞いておくことが大事です。

建前上の待遇と実態が乖離している可能性を考慮しておけば、いざ採用されてから後悔せずに済みます。

反対に異業種への転職では、これまでの悩みを解決できる可能性が高いです。 キャリアとしては再出発になりますが、その代わりに外部の視点とスキルによって貢献できます。

自分が本当にやりたい仕事を見つけたい場合には、異業種への転職も候補に入れておきましょう。

仕事の流れを一から覚え直すので、中途採用者への教育体制や支援もチェック項目に加わります。

キャリアアップでは年収と福利厚生に注目しがちですが、待遇に見合った結果を求められることに要注意です。

全く知識がない異業種をターゲットにする時には、入念な情報収集を行いましょう。

イメージだけで転職すると、ミスマッチからまた転職したくなってしまう悪循環です。

難易度としては同業種よりも高くなりますが、成功させた場合のメリットとしても大きくなります。 転職回数が限られている社会人では適切な行動が分かりにくいので、豊富な事例を知っているプロに相談するのがおすすめです。

新たな世界へ飛び込んで、レベルアップを図るのも楽しみの一つですね!

スポンサーリンク

転職支援のプロに相談してみよう

転職支援のプロは、求人の紹介から面接の練習まで一通りのサポートをしてくれます。

WEBサイトで登録者を募集して、会員専用の画面で転職支援のやり取りを行うケースが大部分です。 担当のコンサルタントがついてくれる転職支援サービスもあるので、自分だけでは情報を集めている暇もない方は一度検討してみましょう。

中途採用をする意欲がある企業の求人の掲載のみの転職サイトでは、自分で気に入ったところに応募します。 空き時間で気軽にチェックできる上に、オンラインだから同時にいくつもの企業と交渉できるのが特徴です。

コンサルタント制の転職支援サービスでは、WEBサイトに登録した後に面談を行います。 電話やメールでも可能ですが、納得できるまで話し合うためには直接の面談がおすすめです。 転職のプロが相談に乗ってくれるから、最新の傾向についても教えてもらえます。

意外な業界でマッチングする可能性があるので、率直に自分の希望条件を話してみましょう。

プロは秘密厳守だから、家族や友人に相談するよりも安全です。 よくある失敗事例を熟知しているから、1人で転職活動をするのと比べて最適な選択になります。

応募時に提出する書類については、コンサルタント制では担当者による添削と修正、それ以外でも希望した場合に添削を受けられます。

面接の日程や雇用条件の交渉まで行ってくれるコンサルタントは頼りになる存在で、短期間で転職を成功させるためのポイントです。

また様々な転職サイトを見てみるいうのも、勉強の一つにもなります。

スポンサーリンク

面接で自分の価値をPRしよう

採否が決まる面接では、自分の商品価値をアピールすることが大事です。

20代はまだ経験不足だから、これから頑張るという意気込みが中心になります。

一方、30代は即戦力であること、40代以降では管理職としてプロジェクトをまとめられることが、採用されるための秘訣です。 在籍したまま転職活動をする場合は、前職についてあまり聞かれません。

退職後に転職活動をするケースでは、前の会社を辞めた理由を必ず聞かれるので、事前に回答を用意しておきましょう。 前の会社を否定する発言を一切しないことが鉄則で、自分のやりたいことができなかった等の面接担当官が納得できる理由が必要不可欠です。

志望動機は自分がやれることを述べることだから、いかにその会社に貢献できるのかを簡潔に説明しましょう。

中途採用の選考は新卒に比べて短く、面接2回ぐらいで採否を決定します。

初回の面接で人事部や配属予定の部署がチェックして、そこで合格した人材について最終決定をする役員クラスが面談する流れです。

転職支援サービスでは面接の練習をしてくれる場合もあるので、積極的に利用しましょう。

知識として頭に入れていても、いざ本番となると緊張します。 繰り返し練習しておくことで、スムーズに対応できるように準備しておくのが、できる社会人です。

時間をかけて作成した書類一式は最終選考まで見られるから、転職のプロから受けた修正点を徹底的に直しておきましょう。

ビジネスマナーについても復習しておくと、細かい所作でも点数を稼げます。