よく聞く「5G」っていったい何?こんなに便利だったとは!

ライフスタイル

最近よくメディアで見聞きする

「5G」という言葉。

ご存知かとは思いますが、これは通信回線のシステムのことです。

今は「4G」が主流になっていますね!スマホの画面に出ているアレです(笑)

でも実際「5G」ってどんなメリットがあるのか、というところまではなかなか知る機会が少ないと思います。

今回は次世代の通信システム「5G」について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

5Gとは一体何か?

現代社会では、多くの人々がスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を使用していますよね。中には2台持ちの方もいるくらい、とてつもなく普及しています。

パソコンとは違って、いつでもどこでも電話をかけたり、ネットで調べ物をしたり、オンラインショップで買い物をしたり、ネット予約をしたり出来るのがモバイル端末を使う上での利点ですよね。

しかし一方で、スマートフォンやタブレットで扱うコンテンツは、大容量化が著しくなっています。

特にビデオ・オン・デマンドサービスで提供されている4K以上の解像度の動画配信においては、それをサービス上で視聴するのにかなりのデータ通信量が必要です。

現在の4Gと呼ばれる第4世代移動通信システムは、国内で展開する大手キャリアが提供するモバイル回線の主流になっていますが、サードパーティーに回線を貸し出したりして、それらのサードパーティーがMVNOとして回線サービスを提供していますので、全体の帯域不足に陥っており、満足にフルHDの動画でさえ見放題という事が辛くなっています。

そこで注目されているのが第5世代移動通信システムの5Gであり、4Gよりも遥かに高速なデータ通信を可能にしてくれます。

スポンサーリンク

国内外で注目されている5G

5Gは国内だけでなく、海外でも積極的に導入が検討されています。

この5Gは理論的な数値ですが10Gbpsという非常に高速なデータ通信が行えるのが特徴であり、普及すれば、従来の4Gの弱点をカバーする事が出来る可能性を秘めています。

データ通信の高速化は、大容量コンテンツをスムーズに利用するのに役立ち、高画質のままでコンテンツの利用を行えます。

そして、5Gは接続出来る端末がかなり多くなり、超多数端末接続が行えるようになりますので、自動車における移動通信サービスの充実、ウエアラブルデバイスの一層の活用など多彩な分野のサービスの強力なインフラになると見られています。

将来的には、パソコンやスマートフォンなどとは違った高度なデバイスが登場する可能性がありますので、高速なデータ通信が行えるようになりますと、ユーザーの好みに応じたデバイスを使う事が出来ます。

スマートフォンやパソコンなどのモバイル端末は、技術の向上と共に高精細なコンテンツの利用が出来る環境が整っています。

5Gが登場する事で、大容量のデータの転送も大幅に高速化されますので、コンテンツの表示の待ち時間は劇的に解消されます。

重くて動画がカクカク!!というのも解消されそうですね。

スポンサーリンク

非常に低遅延で信頼性が高い

5Gは4Gと比較して、超低遅延で超高信頼性となっています。

4G世代では、数十ミリ秒程度の低遅延を実現していますが、今後はロボットの遠隔操作などにおいて一層の低遅延が求められるシーンが出てきますので、5G世代のネット回線では、今までに無い低遅延を実現する事が出来ます。

スマートフォンやパソコンなどのモバイル端末の利用者だけでなく、ロボットを活用したり、サーバやクライアントマシンを遠隔操作したりする時には、低遅延であればあるほど、スムーズな操作を遠隔で行えるようになるでしょう。

車と車の接触事故回避に使ったり出来る可能性もありますので、ミリ秒単位で処理を行うシーンにおいては5Gの超低遅延・超高信頼性を最大限に活用していく事が可能となります。

データ通信は高速だけでなく、レスポンスが必要になるところでも使われますので、遅延を減らし、信頼性を高める技術としての5Gは個人だけでなく、企業が事業を進めていく際にも大いに活躍してくれます。

特に車業界は今後「自動運転システム」の流れが強くなるのは間違いないと思うので、5Gがかなり有効である事が伺えますね!

スポンサーリンク

便利なのに省電力で低コストを実現

通信事業者にとって、多くのユーザーにサービスを利用してもらうには、機器の少電力化と低コスト化は大きな課題になっています。

十分に普及した4Gは現代の需要がますます増えてきた事によって、より需要に応える為の環境作りが不可欠です。

消費電力が高ければ、機器を稼働させるのに必要な電気が多く必要になりますので、その分、稼働させるのにランニングコストがかかってしまいます。

ランニングコストを抑えるには、エネルギー消費量を抑える事が重要であり、更に幅広く設置する為には4G世代よりも効率的に処理が出来る仕組みを持ち、機器の導入コストが低い事が求められます。

高速な回線は、企業や個人が利用しているサービスやシステムを充実させるのに役立ちますが、通信事業者が運営する上で、基地局の初期コストを如何に抑えていくかは大きな課題になります。

5Gは省電力で低コストを実現する仕組みが数多く導入されますので、企業にとってはシステムの構築がし易く、理想的なネットワーク構築を実現出来ます。

スポンサーリンク

対応デバイスは?

5Gに対応するデバイスは、先行的にスマートフォンが考えられます。

大手キャリアでも5G世代のスマートフォンの提供を予告しており、多くのメーカーから5G対応のスマートフォンが登場するでしょう。

また、スマートフォンだけではなく、ノートパソコンやタブレット端末も5G対応の物が登場してくる予定です。

ロボットなどに通信モジュールを搭載する事で、4Gよりもレスポンスが高くなり、省電力性能を活かす事で、長時間稼働させる事が出来ますので、遠隔操作の他にも遠隔でのカメラを通した現場の映像の確認などが行なえます。

ウエアラブルデバイスにも5G対応通信モジュールが搭載される事で、現在流通しているウエアラブルデバイスよりも大容量のデータを取り扱う事ができ、一層高度なコンテンツをウエアラブルデバイスで扱う事が出来て利便性が増します。

データ通信速度の大幅な高速化や少電力化、低コスト化をもたらせてくれる5Gは、4G世代とは一味違う世界を見せてくれます。

低コストで超高速の通信システム5G。

今後スマホの料金改定などもあると予想されるので、ますます注目度が高まりますね!