仮想通貨Libra(リブラ)って?特徴とフェイスブックの狙いとは?

ビジネス

仮想通貨という言葉がビットコインの影響でかなり浸透しましたよね!

副業で稼ぐ人の中には仮想通貨を利用してる人も大勢いますよね!なんと今はそれを生業とする人も少なくありません。

今回はそんな仮想通貨界に参入を表明したFacebookのリブラについて、現段階の情報のまとめと考察をします!

スポンサーリンク

そもそも仮想通貨Libra(リブラ)とは

Libra(リブラ)とはフェイスブックが独自に開発した仮想通貨のことをいいます。
フェイスブックが直接運営しているのではありません。

パートナー企業として、
・VISA(ビザ)
・Mastercard(マスターカード)
・UBER(ウーバー)
・coinbase(コインベース)
など、数多くの大手企業が参加をしています。

リブラでは、今までハードルが高く難しかった国際間での取引を簡素化。


「世界中の何十億もの人が利用できる金融サービスを提供すること」という理念のもと、どのような人にでも「簡単に送金・決済・手数料の低減」などを目標とし、2020年の実用化に向けて開発が進められています。

スポンサーリンク

Libra(リブラ)の特徴について

リブラの特徴は以下の通りです。


特徴は、長所であるとともに短所となることもあるため難しいところではあります。
リブラは、2020年の実用化を目標としてはいますがまだまだ課題も山積みです。

特徴①価格が安定している(リブラ vs ビットコイン)
仮想通貨というとBitcoin(ビットコイン)が有名ですが、リブラとビットコインとの決定的な違いは「裏付け資産の有無」にあります。
リブラは以下のように「裏付けされている通貨」。
安心安全の通貨なのです。

・リブラ
 ステーブルコインの一種(※特定の通貨に価値が裏付けされた仮想通貨)です。
 すでに価格変動の少ない法定通貨などとの裏付けがあるため価格変動が大きくなく安心して運用することができます。

・ビットコイン
 裏付け資産がありません。
よって、需給バランスの変動によって大きく影響され不安定の状況となることがあります。

特徴②送金や決済を簡素化
上記でも触れましたが、サービスをより簡単にするよう開発を進めています。誰にでも使える通貨としての提供を目指しているので、手続きを簡単にすることができます。

現在まだ開発中であるため詳しいところはまだ分かりませんが、フェイスブック上で簡単に個人間送金ができるよう手軽さを重点に実用化に向けて開発されています。

特徴③利用者の数
リブラはフェイスブックと強い関わりを持っていますので、利用者数は相当な数になると考えられています。


現在、フェイスブックの登録者数は約23億人(月間アクティブユーザー)といわれています。世界中のフェイスブック上での個人間送金などが実現すれば、リブラの利用者数はかなりの数となるでしょう。

特徴④許可制でスタートするも後に非許可制となる
安全性が確保されているのであれば、きっと世界中の人たちがリブラに参加したいと思うはずですよね。
ビットコインにように特定の誰かではなく「誰もが参加できる形のネットワーク」であればいいのですが…そこも気になるポイント!

さて、リブラでは…?
リブラは、最初のうちは「許可制のブロックチェーン」でスタートする予定といいます。
許可制であるということは「誰もが参加できる形ではない」ということ。
これじゃダメじゃん…。
と思う人もいるかもしれませんが、そこはご心配なく。


とりあえずは許可制でスタートするのですが、実は、後に「非許可制のブロックチェーン」に移行する予定といいます。

要するに、最初は「特定の人のみアクセスできるネットワーク」にしてしまうが、しばらくしてから「誰もがアクセスできるネットワーク」に移行していくといいます。

ちなみに、非許可制になっても不正不具合が起きないよう対策は万全。
危機対策を正常に機能できる「BFTコンセンサスプロトコル」を採用し、どのような人にも利用しやすいように開発が進められています。

特徴⑤サービスの構築と運用の保証
フェイスブックは子会社であるCalibra(カリブラ)を設立し、この子会社を金融犯罪取締執行ネットワーク(FinCEN)に登録し危機管理を高めています。
すべては利用者に安心してもらうため。
リブラネットワークに準ずるサービス等運用を保証するためこのような形をとっています。

徴⑥疑似匿名性の罠
・ネットワーク内のメンバーのみにしか見えない
・協会側はユーザーの個人情報を保持しない
などと、リブラの取引金額など詳細は疑似匿名制によって取引されるよう設定されています。
不正アクセスには十分気を付けてはいるものの、仮にそのようなことになっても大丈夫なようにこのような対策がとられています。

その一方…。
このように疑似匿名性により、一見匿名性の高さが伺い知れますが、中には「匿名性が低い」という意見もあります。
その理由は、「フェイスブックなど管理者側はユーザーの個人情報を保持しないとはいうものの、リブラのセットアップの段階で政府が発行するIDが必要」であるからです。

IDが発行されるというからには政府側に個人情報が渡ることになります。
結果的に管理者はユーザーを追跡ができることから、疑似匿名性とはいえど個人情報の拡大も懸念されます。

特徴⑦STOの発行によりもたらされる財産的価値
リブラは、インセンティブプログラムに資金を提供することにより、運用コストのカバーのために法定通貨に担保されたリブラとは別にSTO「リブラインベトメントトークン」を発行しています。


※STOとはセキュリティトークン(証券性を持つトークン)のこと。
法規制に従った形で発行や取引をされるデジタル資産のことをいいます。

リブラはあくまでもユーティリティトークン(特定のサービスを使うためのもの)ですが、リブラインベトメントトークンは有価証券なので財産的価値があります。

スポンサーリンク

フェイスブックの狙いとリブラの今後の課題

フェイスブックはリブラの発表とともに、リブラ向けのデジタルウォレットである「カリブラ」も発表しました。

このデジタルウォレット「カリブラ」の最大の特徴は、「リブラをフェイスブック・Messenger等のアプリ上で利用することができる」というもの。

同時期にこの2つを発表をしたのには、フェイスブックの仮想通貨リブラの利用を更に高めようとする狙いが垣間見えます。

リブラの利用者増加はフェイスブックに
・新たな金融サービスの展開
・より多くのユーザー情報の入手
といったメリットをもたらします。
これらメリットはフェイスブックの核となる「データ収集」に繋がることから、今後の事業拡大が注目されます。

心配されるのが、
・プライバシー保護
・目的を明確にしたデータ収集
といった点ですが、これらも透明化することも宣言していますし、また、デジタルウォレット「カリブラ」のみならず、他ウォレットとの併用も考えているのでアクセスを独占しない意向を公式に唱えているため、今後の開発が期待されます。

一方、課題としては以下のようなものがあげられます。

課題①基盤の安定性
基本は基盤の安定性。
需要を生み出すためにもしっかり基礎固めをしておくことは必要です。
しかし、現状では取引処理などにまだまだ欠点がみられます。

例えば…。
クレジットカード大手のVISAを例にあげてみましょう。
VISAの秒間処理能力がおよそ6万5000件です。
それに対してリブラは、秒間およそ1000件とあまりにも差がありすぎる結果に。

使いやすさを追求するためにもこのようなシステムの強化、安定性が必要となってきます。

課題②資金繰りの対策
グローバル化が広まる現代。
それらへの対策も急がれています。
資金の移動もグローバル化が広がり、それとともに対応も急がれていますが、未だ「個人情報の保護」などの方針が明確化されていないなどの点が気にかかります。

フェイスブックやリブラなどに蓄積される個人データは膨大な量。
それらの適切な分離化は、子会社「カリブラ」の設立により表明されていますが、未だ不透明な部分が多く残されているのが現状です。

そのため、リブラに注目する各国の政府から実際に厳しい声明が出されています。

これら課題にどう向き合っていくのが…それが今後の課題といえるでしょう。
これからどう進展していくのか期待と注目が集まります。