「続ける事」と「洗練」と「チャレンジ」

ビジネス

ビジネスに限らず、目標に向かって何かに取り組んではいるけど、なかなか成果があがらない

または、何か始めてみようかと考えてる

そんなあなたに、少しの手助けになるかもしれないお話。

スポンサーリンク

続ける事

一番難しいと言っても良いと思います。

それは、誰に見向きもされなくても、褒めてもらえなくても、続ける事。

まず、よほどの理由が無いと1か月もたずにやめてしまい、何も結果が残らないなんてことも1度や2度あるかと思います。

その壁を乗り越えるには、真っ向からぶつかり自分のルーティーンにしてしまうか、好きな事や趣味をそのまま目標にするかの2択です。

たとえば、アニメやゲームは比較的楽しく長く続けられる事で、周りの人の影響も受けにくく自然と長続きしたりし

日常の仕事なんかも、生活の為という大きな理由から、取り組む姿勢はどうであれ長続きしやすい物の一つです。

ですが逆に、苦手な事や嫌いな事は、なかなか長続きしません。

当然、嫌な事はしない方が良いのですが、その中間にあたる「やってみても良い事」を始めた場合も、最初こそ楽しく出来ますが、飽きが来るのが早く成果が出る前に頓挫してしまうのです。

これを意識的に考えて、始める事を選ぶ基準にしたり、続けられそうな作業量に減らしてみるなどして、自分の続けられそうな状況を作ってみてください。

スポンサーリンク

洗練

続ける事をクリアできたら次は「洗練」です。

自分が作った物がどんなに良い物だと思っていても、もっと良い物にするという気持ちを忘れてはいけません。

僕の知り合いに、ライブ放送を毎日して有名になると意気込み始めた人がいて、とても根気よくほぼ毎日配信を続け、1年以上経過しています。

ですが、未だ視聴者は1日平均2~3人だそうです。

どうしてそんな結果になったのかが気になり、1年ぶりに彼のライブ配信を見に行って解ったのですが、ほぼ始めた頃と内容や雰囲気が変わっていなかったのです。

言い換えると全くと言って良い程「洗練」されてなかったのです。

毎日、同じ作業を繰り返す事により、その動作や言動の一つ一つを洗練し、より短時間に、よりクオリティーの高いものを、提供するという事をイメージしながら活動するという事がいかに大切かという事です。

スポンサーリンク

チャレンジ

どんなに洗練しても、上手く前に進めない事もしばしばあります。

簡単言うと、需要がないものを売り続けていては、誰も買ってはくれないという事。

だからと言って大きく方向転換する事が良いという訳ではなく、今までとはちょっと違うポイントを少し入れてみるだけでも、結果が変わったりするものです。

営業であれば言い回しや話し方変えてみる等のように、参考書籍を読み書かれていたことを実践してみるだけでも、良いです。

すべて良い結果が出るわけではありませんが、あなたの大事な経験としてあなたにしっかり蓄積され、より良いモノができるきっかけになったりもするでしょう。

物凄いスピードで変化する時代だからこそ、チャレンジする事をみにつけ、成功のきっかけや、衰退の回避に役立てて下さい。

スポンサーリンク

おわりに

言うまでも無いことですが、これまでに書いた3つがすべてではありません。

ですが、とても大切な事には変わりなく、この辺りがベースとして出来なければ、他の要素が活かされずに良い結果を引き出す事が難しくなるのは間違いありません。

あなたのそのやりたい事が、実はすごいモノだったとしても、続けられなければ誰の目にも止まらず埋もれてしまいます。

そうならないように、僅かながらに力になれれば幸いです。

それではまた。