あなたが行動できない理由は、隠れ完璧主義かも!?

ライフスタイル

自分はがさつな方だし、完璧主義とは無縁!

と思っているあなたも、実は完璧主義かもしれません。

今回は、何かを始めようと思った時すぐに行動に移せない原因の1つである、完璧主義の見分け方と改善方法をご紹介しようと思います。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

あなたは完璧主義ですか?

いいえ!

と思った方は、少し自分の行動を振り返ってみてください。

そこまできれい好きではないけれど、ここだけは綺麗じゃなきゃ気が済まない

他人のミスをどうしても許せない、又は1つでもミスがあるとやる気がなくなる

などなど、部分的に思い当たる節はありませんか?

大切なポイントは、ミスや気になる部分に対峙したときに
「立ち止まるか、保留にして前に進めるか」です。

立ち止まる傾向にある人は、注意が必要です。

スポンサーリンク

行動できない理由

完璧主義の傾向が強い人が何かを始めようと思い、頭の中で工程や結果まで考えた時に

始める過程、準備段階で困難な部分があったり、望む結果と差異が少しでもあると、行動に移さず考えそのものを破棄してしまいがちです。

それは、多少のリスクすら取る事も許さない事さえあります。

金銭的リスク、危険性、ありとあらゆる事が行動に移せない原因になります。

計画や戦略を立てる事、不安材料やリスクを潰していく作業も必要な事ですが

完璧主義が行動出来ない理由は、少しの妥協も許さずにそこで立ち止まってしまう事なのです。

スポンサーリンク

改善方法

何も難しいことはありません。

道具がそろってなくても、条件が整ってなくても、結果が伴わなくても

最初の1歩だけ最初の工程だけを、意識してやってみてください、その1歩だけで、無理であれば断念してしまっても構いません。

それを繰り返している内に、2歩3歩と進めたくなるような事が必ず出てきます。

そこまで進められるような事柄であれば、頭の中だけで進めていた計画と現実のギャップを埋めながら、続けられるようになるでしょう。

スポンサーリンク

おわりに

僕自身、完璧主義とは無縁だと思っていましたが、知人に指摘され、実は完璧主義だったと気づいた経験があります。

そう自分で認識してからは、意識的にまずはやってみるようにしました。

たったそれだけで、腰の重さは半分くらい軽くなったと思います。

僕の場合、出不精が原因な所もあったので、半分しか改善しませんでしたが…笑

ただ、物事に取り組む時に、これを意識して1歩を無理やり踏み出すようにして、仕事を進めるきっかけにしたりしています。

ぜひお試しください。