SNSで騙されない!心構えを学んで、快適なSNSライフを送ろう!

ライフスタイル

近年、インターネットは多種多様に使われるようになりました。

中でもSNSはとてつもない勢いで波及し、今や老若男女問わずコミュニケーションツールとしてなくてはならない存在になりました。
顔の見えない相手と話し、情報を得る。それをビジネスに生かす、ということも、いとも簡単にできちゃいます。

もちろん沢山の人と話すことで癒されたり、愚痴を聞いてもらえたりと、情報収集以外にもいろいろな使い方があります。

そんなSNSの世界ですが、残念ながらダークな一面も持ち合わせています。

その中には「ネットビジネス」を始めようとしている人を食い物にしようと考えている人がいます。
初心者や情報弱者を狙い、言葉巧みに誘導し「お金」「個人情報」を奪い去っていく。

被害に遭う人が少しでも減ったらいいなと思いまとめてみました。

・ネットビジネスを始めたいけど怖い
・SNSで注意するべきことを知りたい
・これって詐欺?と思うことがあった
などなど。SNSを使っている中で不安に思う部分を少しでも解消できればと思います。

スポンサーリンク

◎騙す手口とは?

世の中には、弱者や初心者を狙いお金を巻き上げようとしている人もいます。
特にネットは、相手の顔を見て話すわけではないので案外騙されてしまうものです。

①ノウハウを販売する商法

「月100万稼ぐ方法を教えます!」
みたいな、内容がSNSのメッセージやメールで送られてきたことはありませんか?
返信すると、「この商材を1万で買えば、ノウハウを教えますよ!」のような返事が返ってきます。

全てが必ずしも詐欺、というわけではないですが、正直ほとんどネットで調べればわかるレベルの商材です。
しかも酷い場合には「100万稼ぎたいならこれもこっちも買ってね」と、まあ巻き上げる。

そもそも「簡単に」誰でも100万円稼げるなら、苦労はしません。
日本の平均所得も上がっているはずです。貧困層もいません。
最近では月5万とか妙にリアルな数字で集客している人もいます。

もちろん、しっかりと実績を積み重ねたうえで有益な情報を販売している人もいます。
私もいつか、成功したらノウハウ本を出したいと思っているくらいです。

実績のある方はお金に飢えていません。
だからどっしり構えて「よかったら買ってね!」というスタイルで、読者の方を待っています。
「買って!買って!」とわざわざメッセージで売りつけてくるようなことはしないはずです。
買うなら実績があるか?信頼のできる人なのか?を判断して買いましょう!

あまりにも怪しいアカウントから買うのはオススメできません。
そんなことにお金を使うなら、ビジネス書の一冊でも買った方が有益です。

②プレゼントで個人情報を収集

以前TwitterでZOZOTOWNの前澤さんが現金をプレゼントする企画をやりました。
その後、便乗する人が増え、SNS上には毎日沢山のプレゼント企画であふれています。
もちろんちゃんとプレゼントを用意して配布する人が大多数。

しかし中にはこれを利用して個人情報を収集する人がいます。
「抽選に当たりました!振り込みますので口座を教えてください」
と連絡が来て口座を教える。その後は音沙汰なし!
みたいな事もゼロではありません。

なので、企画をしているアカウントが信用できるか、しっかり確認して応募しましょう!

③一緒に始めませんか?でお金を搾取

大して仲良くもないのに急に
「一緒にビジネス始めませんか?」ってメッセージが来たことはありませんか?
起業にあたって人材を集めている人がほとんどですが、中にはこんな悪質な人も。

「新規事業を起こすにあたり資金が必要です。少しでいいので出資していただけませんか?もちろん、成功した際には売上の一部はお渡しします!」
みたいな感じで誘ってきます。
ポイントは「成功したら」云々という風に書いているということ。
つまり成功しない限り、マージンは渡せませんと言っているようなものです。

期待するなら出資しても良いかもしれませんが、私はオススメできません。
見ず知らずの赤の他人に頼って起業する気持ちのレベルなら、そもそも起業しようと考えない方が良いです。
せっかく持っている資金ですから、自分で運用した方が絶対に有効的な使い方です。

大体こんな感じでしょうか。
もちろんどれもきちんとやっている人が大半です。
しかし中には悪魔の笑みを浮かべながら、言葉巧みにだまそうとしている人もいます。
自分でしっかり考えて、関わっていきましょう!

スポンサーリンク

◎騙されない為の心構え!

騙すための手口は日々、形を変えて進化しています。
なのでいつでも新しい情報を仕入れることが大切です。
とはいえ、情報のない「騙しの手口」に出会ってしまったら…回避できるか自信が無い。
そんな人の為に、騙されないための心得をまとめました!

①本当に自分に必要な情報か考える

売りつけられようとしている情報は本当に必要なモノでしょうか。
稼げるノウハウ、ネットに沢山転がってますよね?
本当にその人からしか買えないのか、調べれば解決するような内容ではないのかを考えましょう。

②実績や信頼がある人なのか調べる

アカウントの履歴や、ネットの情報を隅々まで調べましょう。
本当に実績があったうえでのノウハウなのか。
ネットの情報を寄せ集めただけの、ペラペラの商材ではないか?
買っても損しないと自分で思えたなら買いましょう。

③個人情報は安易に渡さない

現金プレゼント、となると現金書留で住所を渡したり、振り込みで口座番号を教える事になります。
世の中、そんな甘い話はありません。
雑誌の懸賞ならまだしも、顔も知らない、信頼関係もない人からお金を貰うとはどういうことかを考えましょう。
応募するときはアカウントの履歴や会社がきちんとしているかを調べてうえで応募しましょう。
でないと、あなたの個人情報が裏の世界で売られることになってしまいます。

④最後は自分の責任になることを念頭に置く

「商材を買ったけど稼げなかった」
「個人情報を渡したけど振り込みがない」
「出資したけど連絡が途絶えた」

なんてことになっても、自分自身の判断が招いた結果になってしまいます。
もちろん詐欺であれば、警察も相談に乗ってくると思いますが、少額だと諦めるしかないこともあり得ます。
個人情報もお金も、あなたの大切な物ですから、しっかり考えたうえで行動しましょう。

美味しい話に安易に乗って後悔した時には、既に遅いのです。

今も昔も、うまい話には裏があるものです。
情報が溢れた世界なので、自分の目でしっかり見て考えて、適切な判断を下していきましょう!