【夫婦の在り方】揉めがちなお金の問題について

この記事は、生活費の使い方、お小遣いについてなど、悩んでいるご夫婦、カップルさん等へ向けての記事です。
あくまでも我が家流の生活スタイルなので、ご参考まで。

先日。用事があって私は会社に行きました。
すると「渡しそびれた」と、出産祝い金を会社からいただきました。
 
みなさんに質問です。

こういった
「記録に残らない臨時収入」
どうしますか?
奥様、旦那様に言いますか?
それとも自分のお小遣いにしますか?

我が家は前者です。お互いそうしてます。
臨時収入があった時は、お互い報告し、生活費や子供用品代へまわしています。

以前、社内の先輩がこんな話をしていました。
私の勤めている会社は給与以外のお金は、別口座に振り込まれる仕組みです。その仕組みについて話していた時、
「自分は嫁に口座の事を言っていない。だから出張の手当とかはお小遣いにできるんだ」
とのこと。

もちろん否定はしません!お金の使い道は人それぞれです。

ここでちょっと考えました。
「なぜ報告しないのだろう」と。

答えは簡単。
「自分で扱えるお金が少ないから」
扱えるお金が少ないと、いざという時の為にプールしたくもなりますし、欲しいものも買いたくなります。当然ですよね。

例えばお小遣い制で月3万円もらってる。とかよく聞きます。
タバコなど嗜好品がある人は特に、半分くらいあっという間になくなるでしょう。
さらに休憩時間のコーヒー代、昼食代。人によってはガソリン代。
趣味に使えるお金なんてないよ!と嘆くお父さんの愚痴を何度も聞いたことがあります。

そこで我が家はお小遣い制ではなく、
「お互いが毎月一定の生活費を入れる」
スタイルで家計をやりくりしています。
生活費(家のローンや貯蓄、食費、光熱費、日用品、子供用品等)以外はお互い別会計です。

もちろん、不足が出る時もあります。基本的にはプールしたお金で補い、何かしらの理由で平均が増えてしまった時は相談して生活費の金額を変更してもらっています。

ただし根拠の無い増額はNGです。お金を預ける不信感も出てしまいます。
なので私は家計簿をずっとつけています。できる限り細かく、最低でも項目ごとに記入し、増額してもらう時は家計簿を見せ根拠を示した上で頂戴しています。

そしてお互いの車の維持費や昼食代、ガソリン代等は全部自分持ち。
なので自由に使えるお金としては、もしかしたらお小遣い制と変わらないかもしれません。

ですが「自分で扱えるお金」としては、
お互いが年間100万程あります。
使うのも自由。貯金も自由。

自分でお金を管理することができれば、お金に対して余裕を持てるので、臨時収入があった時もなんの躊躇いもなく、渡すことができます。

さらに子供用品に関しても、自分が子供に買ってあげたい!って思った時に、気兼ねなく買うことができます。

これがお小遣い制でぎりぎりの生活だったとしたら、自分以外の為にお金を使う余裕なんてないですよね。
さらに相乗効果?として、自分の扱えるお金を増やしたい、という気持ちにもつながります。
主人はそれがこのブログでした。

お小遣い制がもちろんダメなわけではありません。それで上手くいっているご家庭も沢山あります!!

ですがもし、お金のことで揉めているなら、また何かもやもやした気持ちがあるなら、ぜひこの方法も検討してみてはいかがでしょうか?

何か分からないこと、不安なことがあれば相談に乗りますので、コメントをください。

みなさんのお役に立てれば幸いです。