たった一言で人生は変えられる!実体験に基づく「挨拶の重要性」

ライフスタイル

おはようございます。

お疲れ様でした。

お先に失礼します。

いただきます。

ごちそうさまでした。

おやすみなさい。

まだまだ沢山ありますが、日常使う挨拶ってこんな所でしょうか?

以前Twitterで、挨拶の大切さについて呟きました。
すると沢山の人に共感してもらえ、リプやいいね、RTをいっぱいいただきました。

つまりそれ程、挨拶の大切さというのは浸透している。
はずなんです。

なので、裏を返せば、
「浸透しているのに出来ない人は非常識だと思われる」
という解釈もできます。

別に挨拶をしないからって死ぬわけじゃありません。
ご飯も食べれます。
生きていくのに何にも問題ないです。

でも、ちょっとだけ話を聞いて下さい。
これから私の「実体験」をお話しします。

挨拶が苦手、したくない、する必要ない。
そう思っている人こそ見てください!

たった一言で、人生を大きく変えることができるかもしれないんです!

まず私は第一印象としてこう言われることが多いです。
「明るくて元気が良い」
「しっかりしてるね」
「とても話しやすい」
有難いことに良いイメージを持ってもらえることが多いです。

一方同じ時期に入社したAさん。
私が持っていただた印象とは真逆の人でした。
「いつも下を向いていて暗い」
「話しかけにくい」
一番多い印象は、
「挨拶ができない」
でした。

同時期に入社したこともあり、私は周りの人に、
「なぜAは挨拶ができないんだ?」
と聞かれることが多かったです。

別に人の印象なんてどうでもいい。
そう思うかもしれません。

でもこの一度付いてしまった悪い印象というのは、頑張らないと取り返せません。
というより、自分で「変わらないと」って思わないとどうにもできません。

そしてどうにもならないまま月日は経って行きます。
Aさんと、私や他の同時期に入社した社員の人達とは、どんどん差がついていきました。

Aさん以外は大きなプロジェクトを任される、部下を持つ等の大きな変化が起こっていきます。
給料も、任される責任が大きくなっていくにつれあがっていきました。
私もしっかり昇給できました。家計が大助かりです。

しかしAだけは、ずっと平社員のまま。
もちろん昇給も雀の涙ほどだったそうです。

A自身に仕事の能力がないだけかもしれません。
でも、簡単に変えられることが一つだけあります。

それは挨拶をきちんとすること。
それだけで印象がガラリと変わります!

個人的な感想ですが、
〇仕事ができる人=挨拶がきちんとできる・人の悪口を言わない・失敗を分析する
〇仕事ができない人=挨拶ができない・人の悪口ばかり言う・失敗を人のせいにする

当たり前の事かもしれませんが。
正直、挨拶できない人の仕事できない率は滅茶苦茶高いと思ってます。

どちらにしろ、挨拶をして損は絶対にありません!
ってことだけはわかってもらえると嬉しいです。

私が常日頃から人に良い印象を持ってもらう為に心掛けている挨拶。
どういうマイルールでやっているかというと、
・相手に聞こえる声できちんと言うこと。
・無視されても気にしない。(イラつかない)
・店員さん、配達員さん等にも言う。
・挨拶するときは笑顔で!出来れば相手の顔を見て!
こんな程度です。大したことではないですよね?

たったこれだけで人の印象って大きく変わります。

特に最近なら、歩きスマホした上に挨拶も無視!って人がいます。
危ないし、とても暗く見えます。

後はSNS。
顔が見えないから、雑に人を扱ってはダメだと思うんです。
画面の向こうにも人がいることを忘れてはいけません。

ツイートにいただいたリプにも、
「挨拶ができないやつはだめだ!」
ってダメ側のリプもいただきましたし、
「挨拶されると気持ち良いし、嬉しい!」
って良い側のリプもいただきました。

要するに挨拶は大事だねって沢山の人が思っているということです。

ぶっちゃけ仕事の能力も大切ですが、一番大切なのは
「相手がどういう人間か?」
という部分だと思います。


挨拶すらできない人に仕事を頼めますか?
信用できない人間に仕事を任せられますか?

仕事を任せられないということは、昇給もそう多くは望めないと思います。
つまり生涯で貰える給与に大きく差が出てしまいます。

たった一言でいいんです。
「おはよう」
それを言うだけで変わります。

欲を言えばもっとですが、まずは基本の挨拶からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

他にも人の印象と仕事に関する実体験が色々あるのですが、またの機会にご紹介したいと思います。

皆さんのお役に立てれば幸いです!