【有吉ゼミ】話題の電気圧力鍋を使ってみた~最終回~

生活お役立ち

以前書いたこちらの記事。
【有吉ゼミ】話題の電気圧力鍋を買ってみた。
※別窓で開きます。

家事効率UPの為に、コイズミの電気圧力鍋を購入し実際に角煮を作ってみた、という内容の記事です。

話題の電気圧力鍋はこちら↓

※今なら在庫あります!

先日「おでんを作ってみた」で記事をあげましたが、今回は最後にまた別ジャンルの料理をして締めくくりたいと思います!

勝手にシリーズ化してすみません。

すごーく便利なんだ!ってことを皆さんに伝えたいのです。

さて、今回のメニューは

ビーフシチュー

子供も大人も大好きなはず。

でもこのビーフシチューですが、普通のお鍋で作ろうとするとちょっと難しい。
というかめんどくさい。
お肉が柔らかくなるまで煮込まなきゃいけないから、火から目が離せない。

ということで、電気圧力鍋で早速トライ!!

材料は至ってシンプル。
・にんじん
・玉ねぎ
・じゃがいも
・牛もも肉
・クレアおばさんのビーフシチュー(笑)

赤ワインとかなんだかんだ用意するのがめんどくさかったので、クレアおばさんに力を借りることにしました。
そもそも電気圧力鍋で楽早時短料理を目指しているので、そこの手抜きは許してください!

さて、材料を切ったら全部まとめて釜へぽい。

我が家は夫婦そろって肉好きなので、たっぷりお肉を入れました。
材料を入れたら、お水とバターを少々。

水なんですが、クレアおばさんの箱どおりに入れます!
ふたをした状態で450ml。
後、ビーフシチューのルーはまだ入れません!

そしてふたをしてスイッチオン。
加圧4の10分とレシピにありました。

10分でできるって早すぎるでしょ!

その間片づけをしたり、掃除などで10分待ちます。
調理はされているのに自分の体が空くのは本当に楽です!

音が鳴ったら調理完了。

美味しそう!
そして玉ねぎの原型はほぼなくなっていました。

ここへルーを投入して、まぜまぜ。

お肉の硬さを確かめたのですが、僅かに硬かった。
なので、試しにしっかり混ぜた後に加圧してみることに。

先ほどと同様、加圧4の10分でトライ!

また待ちますが10分なのですぐに仕上がりました。

玉ねぎの次はじゃがいもがいなくなってしまいました。

お肉はとっても柔らかいですし、スープは野菜の旨味が溶け出して濃厚。
これは激ウマです!!
20分で完成したとは思えない仕上がり。

ただ、玉ねぎとじゃがいもが行方不明になるくらいトロトロになってしまったので、次回はかなり大きめに野菜を切ろうと思います。

後、1度はワインなどを使って本格的なビーフシチューを作ってみたいですね!

さてこの、

コイズミ 電気圧力鍋

のまとめレビューです。
前回の記事にも書きましたが…

【メリット】
・超時短で料理が作れる
・安全に圧力鍋が使用できる
・料理によっては光熱費が節約に
・保温機能でいつでも温かく食べれる
・予約機能付き
・お手入れ楽ちん

【デメリット】

・適切な加圧時間、加圧力が1回で調整できない

とにかく便利な電気圧力鍋!!
料理の時短に最適です。

もし他にトライしてみてほしい料理があれば、Twitterやコメント欄、問い合わせからお気軽にどうぞ!
みなさんの購入の参考になれば幸いです!