最高のチームを作り上げる簡単なメソッド

ビジネス

会社であれば、それぞれの部署や社内のプロジェクトチーム。

学校だったら、クラスや部活動、サークル活動。

ビジネスでも、共同経営だったり、イベントを一緒にやったり、と様々な場面で「チームとして」活動することは多いと思います。

今回はそのチームをどううまく作るか、自分はどうあるべきかをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

チームって何?

そもそもチームってなんでしょうか?

・一つの目標がある団体

・その目標に向かって一緒に努力する

・それぞれが目標に対し責任を持つ

ざっくりこんなところでしょうか?

ある目標に対して個々が努力し、達成を目指す。これがおおよそのチームの在り方だと思います。

なので、ベクトルを合わせないと目標達成が遠のき、結果もイマイチなものになってしまいますよね。

みなさんも経験があるのではないでしょうか?

例えば、プロジェクトを立ち上げた。

人数は10名。2人はやる気のある人、5人は普通、3人は乗り気ではない人。それぞれ役割分担はしたものの、3人の乗り気でない人の所で作業が止まってしまい、スケジュール通りに進める事が出来ず、結果を出すことが出来なかった。

チームなので1、2人が頑張ってもどうにもならない現実もあります。いかにそういう現実を打破するか、チームとして目標を達成するかがポイントになりますね!

では次にチームリーダーについて説明します。

スポンサーリンク

チームをうまく回すためには

チームとしての活動は次の様に行うのが理想的です。

・目標ははっきり、明確にすること

・全員が高い目標意識を持つ

・目標達成の弊害になるものは排除する

チームは当たり前ですが、個人プレーではなく、チームプレー。個々が一つの目標に向かって行動しなければ、目標達成は叶いません。

では、どんな人をリーダーにすればに良いのでしょうか?

『人数が多いチーム』のリーダーに相応しいのは

・自制心が強い

・目標達成に貪欲な人

・コミュニケーション能力が高い

仕事が出来る人、をリーダーにしがちですが、一番重要なのはコミュニケーション能力が高いという部分です。

チームとしても目標を達成するために自分が作業する、のではなく、チームのメンバーにどう作業をさせるか?

またメンバー同士の橋渡しが上手くできるか?

人が多ければ多いほど、軋轢を生みやすいです。そのためには潤滑油となるリーダーが必要です。

一方『少人数のチーム』のリーダーは

・仕事が出来る人

・人に影響を与えやすい人(目立つ人)

・発言力がある人

大人数のチームとは違い、人数が少ない為、個々の性格や目標達成への姿勢が影響しあいやすいです。特に悪い影響は伝染しやすいので、リーダーには「良い方向へ引っ張る力」が必要です。

そして、何かトラブルが起こったらしっかり発言・行動し解決に導けるような人がベストです。

またどちらのチームにも共通するのは

・チーム全員に目標を明確に言える力

・チームの士気を高める力

が必要です。

メンバー内や進行においてのトラブル、新メンバーが入ってくる、など臨機応変にしっかり対応できる方を選びましょう。

目標を達成するのは個人より、難しいチーム。でも個々の力が寄り集まり化学反応を起こすことで、上手くいけば何倍、何十倍の力を発揮することができます。ぜひ、素敵なチーム作りをしてみてくださいね”